公認心理師の生涯学習制度について

 公認心理師は、国民の心の健康を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、公認心理師の業務に関する知識及び技能の向上に努めなければならないとされています(公認心理師法第43条)。
 本協会では、会員が生涯にわたり知識及び技能学習の向上を可能とするために、2021年度より専門認定制度を開始します。

1.専門認定について

 本協会では、以下に示す2つの専門認定を行います。いずれも、公認心理師登録後に、より高い専門性を持った者として認定するものであり、5年ごとの更新制です。更新方法は6の「認定更新方法」をご覧下さい。
 本協会が認定する専門認定の対象者は、本協会の正会員です。

(1)認定専門公認心理師:臨床実務に関する基本的素養を身に付け、分野横断的な視点を有し、広く国民の心の健康の保持増進に貢献できる専門性を有した者として認定するものです。

(2)認定専門指導公認心理師:分野横断的な臨床実務に関する素養を基盤とし、専門分野の臨床実務に精通し、国民の心の健康の保持増進に広く働きかけができる質の高い心理専門職であることを認定するものです。心の健康に関わる専門職の人材育成、指導に貢献する者として認定します。

※なお、この専門認定制度における研修は、公認心理師法施行規則に定める「実習演習担当教員」及び「実習指導者」を養成する講習会とは異なります。

※会員の中で、すでに心理専門職としての臨床実務経験を有している方には経過措置があります。3の経過措置をご覧下さい。

Mobirise

2.専門認定と生涯研修の仕組み

専門認定にあたって受講が必要な研修は以下の通りです。

(1)認定専門公認心理師
 認定専門公認心理師の認定には以下の研修の受講が必要です。
①導入研修 基本知識や生涯研修のあり方などを理解するための研修
 (当面は、本協会が作成するテキストに基づく自己学習によって行います)
②専門研修Ⅰ 実務を行う基盤となる知識と技術の修得するための研修
③テーマ別研修(20単位) 分野別、課題別のテーマに関して学修を深めるための研修
④専門研修Ⅱ より応用的、実践的な力を修得するための研修
 加えて、専門認定には、公認心理師の登録を受けた後、5年以上の実務経験を必要とします。ただし、すでに5年以上の心理専門職としての臨床実務経験を持つ方には経過措置が適用されます。詳しくは3の「経過措置」をお読み下さい。
 臨床実務経験がない方は、①→②および③→④の順に研修を受講して下さい。
 研修のうち、①②④は、当分の間、本協会が主催しますが、その後は各地域の師協会などとの連携も検討していきます。③は本協会が主催するものの他、本協会が認定する学会や研修会の受講による単位取得を認めます。詳しくは4の「テーマ別研修単位の取得方法」をお読み下さい。
 専門認定更新時は、テーマ別研修25単位が必要です。

Mobirise

(2)認定専門指導公認心理師
 認定専門指導公認心理師の認定には、認定専門公認心理師の認定後に以下の研修の受講とプロフェッショナルポートフォリオの提出が必要です。

※プロフェッショナルポートフォリオとは、公認心理師としてのあなた自身の職務経歴や、研修・トレーニングに関する経歴をまとめたもののことです。そこには、スーパービジョンや事例検討などを受けた経験も含まれます。
ポートフォリオの書き方は、エキスパート研修において学修できます。

①エキスパート研修 各分野でのエキスパートとして複雑な事例への対応を行う力、実習生や若手の専門家の指導に関する諸課題への指導ができる力、プロフェッショナルポートフォリオの作成に取り組み、自己研鑽の計画を策定する力を養成する研修。公認心理師登録後約10年目程度の経験を持つ者を対象とする研修
②テーマ別研修(25単位) 分野別、課題別のテーマに関して学修を深めるための研修
 認定には、認定専門公認心理師取得後、5年以上の実務経験を必要とします。つまり、10年以上の臨床実務経験が必要です。ただし、すでに10年以上の心理専門職としての臨床実務経験を持つものと本協会が認めた者については、経過措置を適用し、10年を待たずに認定申請が可能です。詳しくは3の「経過措置」をお読み下さい。
 認定専門指導公認心理師は、5年以上の実務経験を積んだ分野に関して、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働のうち1つまたは2つ以上を、括弧で付記することができます。この場合、受講したテーマ別研修のうち、10単位は当該分野に関するものであることが必要です。
 例.認定専門指導公認心理師(保健医療)
   認定専門指導公認心理師(保健医療、産業・労働)
 専門領域の記載の条件は、4の「テーマ別研修単位の取得方法」をお読み下さい。
 研修のうち、①は当面、日本公認心理師協会が主催します。②は本協会が主催するものの他、本協会が認定する学会や研修会の受講による単位取得を認めます。詳しくは4の「テーマ別研修単位の取得方法」をお読み下さい。
 以下、2つの専門認定までの流れを図に示しました。

Mobirise

3.経過措置

公認心理師の中には、すでに5年または10年以上の心理専門職としての臨床実務経験を持つ方もいらっしゃいます。そのような場合には、以下の条件を満たすことにより、認定申請が可能です。以下、規程を抜粋します。

附則
第2条(認定専門公認心理師の経過措置)
 公認心理師法(以下、「法」という)附則第2条第1項第1号及び第2号(以下、「Dルート」という)、同項第3号(以下、「Eルート」という)、同項第4号(以下、「Fルート」という)及び同条第2項(以下、「Gルート」という)に規定する受験資格により公認心理師資格を取得した者で、公認心理師登録前及び登録後を合わせて5年以上の心理専門職としての臨床実務経験を持つものと本協会が認めた者は、本規程第5条第1号の導入研修、同条第2号の専門研修Ⅰ受講後に同条第3号の専門研修Ⅱを受け、同条第5号のテーマ別研修受講20単位以上、または別に定める代替の学会大会参加によるテーマ別研修への振替を経て、認定専門公認心理師の認定を申請し、本協会の審査を受けることができる。
なお、振替の上限は当面10単位とする。
2 公認心理師試験受験資格がDルート及びEルートの場合、大学院修士課程修了後5年以上の臨床実務経験を必要とし、Fルートの場合、法第7条第2項に規定する施設での実務経験修了後5年以上の臨床実務経験を必要とする。
3 この経過措置は、公認心理師試験受験資格がDルート,Eルート、Fルート及びGルートの場合のみに適用する。

第3条(認定専門指導公認心理師の経過措置)
 認定専門公認心理師のうち、公認心理師登録前及び登録後を合わせて10年以上の心理専門職としての実務経験を持つものと本協会が認めた者は、本規程第5条第4号のエキスパート研修を受け、同条第5号のテーマ別研修受講または別に定める代替の学会大会参加によるテーマ別研修への振替を経て(振替の上限は10単位とする)、プロフェッショナルポートフォリオを提出することにより、認定専門指導公認心理師の認定を申請し、本協会の審査を受けることができる。
2 公認心理師試験受験資格がDルート及びEルートの場合、大学院修了後10年以上の臨床実務経験を必要とし、Fルートの場合、法第7条第2項に規定する施設での実務経験修了後10年以上の臨床実務経験を必要とする。
3 この経過措置は、公認心理師試験受験資格がDルート、Eルート、Fルート及びGルートの場合のみに適用する。


 つまり、附則第2条に記載された受験資格により公認心理師資格を取得し、5年以上の臨床実務経験がある方は、各研修を受講すれば、認定専門公認心理師の審査を受けることができます。
 また、認定専門公認心理師の認定を受けた方で、10年以上の臨床実務経験を持つと本協会が認めた方は、各研修の受講とプロフェッショナルポートフォリオの提出により、認定専門指導公認心理師の審査を受けることができます。なお、公認心理師の受験資格(ルート)により条件が異なりますのでご注意下さい(附則3条の2および3項)。
 ここで、「テーマ別研修受講または別に定める代替の学会大会参加によるテーマ別研修への振替」について説明します。基本的に認定専門公認心理師の場合は20単位、認定専門指導公認心理師の場合は25単位のテーマ別研修の受講が必要です。ただし、このうち10単位までは学会大会参加に置き換えることができるという意味です。詳しくは、4の「テーマ別研修単位の取得方法」をお読み下さい。

4.テーマ別研修単位の取得方法

(1)テーマ別研修とは
 テーマ別研修とは、分野別または課題別にテーマを設定し、そのテーマに関して学修を深めるための研修です。分野は、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働に分類されます。また、課題別として、発達障害、災害、自殺、ひきこもり、アディクションなど、複数の分野に重なる内容のテーマ別研修も設定します。さらに、心理アセスメント、心理面接、コンサルテーションといった、どの分野にも共通するテーマ別研修も設定します。
テーマ別研修にはレベル(基礎的~応用的)を設定します。受講者は自分のレベルにあった研修を選択できます。

(2)テーマ別研修の開催主体について
 テーマ別研修は、本協会が開催する研修と、諸団体が開催する研修があります。諸団体が開催する研修の場合は、当該団体から承認申請がなされ、専門認定委員会が承認したものとなります。したがって、日本公認心理師協会以外の団体による研修会においても単位取得が可能です。諸団体が開催する研修の承認申請の仕方については「『テーマ別研修』登録申請の手引き」をご覧下さい。

(3)テーマ別研修の単位の換算方法
 研修単位数は30分で0.5単位(1時間当たり1単位)とし、30分を超えた時間は切り捨てて単位計算します(例.40分は0.5単位、80分は1.0単位)。1日に取得できる上限は5単位までとします。

(4)日本公認心理師学会大会の特例
 日本公認心理師学会においては、プログラム毎にテーマ別研修として設定し、参加時間に応じた単位数を認めます(1日5単位を上限)。また、学会参加での単位に加えて、日本公認心理師学会大会での実践発表は、筆頭発表者2単位、共同発表者は1単位として認定します。

(5)経過措置における学会大会参加によるテーマ別研修への振替について
 経過措置を受ける場合において、学会大会参加でテーマ別研修単位を認定します。認定される学会大会は、当該学会から承認申請がなされ、本協会が承認したものとなります。認定単位数は1学会大会あたり2単位となります。
 なお、学会参加による、テーマ別研修に振り替え可能な単位数の上限は10単位までです。

5.専門認定の申請方法について

専門認定の申請方法については、「申請の手引き」を作成し、会員ページなどを通してお知らせします。

6.専門認定の更新方法について

(1)認定専門公認心理師
 認定専門公認心理師の場合は、専門研修Ⅱとテーマ別研修25単位以上を受講し、更新のための申請を行うことが必要です。

(2)認定専門指導公認心理師
 認定専門指導公認心理師の場合は、テーマ別研修25単位以上の他、
①エキスパート研修の受講
②プロフェッショナルポートフォリオの提出
を行い、更新のための申請を行うことが必要です。

2021年8月3日掲載
2021年9月28日一部修正
(「6.専門認定の更新について」の「(1)認定専門公認心理師」一部修正)
2021年11月26日一部修正 (「2.専門認定と生涯研修の仕組み」の文言一部修正、「8.「テーマ別研修」登録を希望する団体の方へ」の文書差替・追加)

© Copyright 2021 一般社団法人 日本公認心理師協会 All Rights Reserved.

Built with Mobirise website software