一般社団法人 日本公認心理師協会
会長挨拶

会長挨拶

 平成27年9月9日に公認心理師法が成立し、平成29年9月15日に施行されたことを受けて、平成30年9月9日に第1回公認心理師試験が実施されました。これによって、平成31年に公認心理師が誕生します。

 一般社団法人日本公認心理師協会は、公認心理師が広く人々の心の健康の保持・増進に寄与することができるよう、その支援をすることを目的とする組織です。

 公認心理師が国家資格であるということは、公認心理師の役割が国によって認められたということですが、重要なのは認められたことそれ自体よりも『その活動によってもたらされる成果を人々が期待し信頼できる根拠がもたらされた』ことにあると思います。これまでそれぞれの現場で活動されてきた方々の成果の蓄積が、公認心理師の成立に大きくに寄与してきたことは申すまでもありません。しかし、国家資格となることで人々の信頼と期待とがさらに増すことが予測されます。また、いわゆる主要5領域(保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働)などにおける関係機関・専門家からも、これまで以上に連携や協働が求められています。こうした社会的期待に応えるためには、さらなる責任と資質の向上を図ることが重要です。当協会は、そのための支援機関としても活動する所存です。

 公認心理師が成立する過程で見えてきた展望もあります。従来存在している、臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援教育士等の民間資格に通底する資格として、公認心理師の意味が見えてきたことです。それぞれの資格にはそれぞれの歴史的経緯や理念があり、これらの資格を持つ者の間で、あるいはこれらの資格とは異なる資格を持つ者の間では、個人的なつながりを除けば、顕著な交流がありませんでした。しかし、公認心理師制度成立の過程では、これらの団体が力をあわせて活動してきました。たとえば、日本心理研修センター主催の研修会では、それぞれの団体が研修ポイントとしてこれを認定する状況がありました。このような例はこれまでなかったことです。また、公認心理師試験に合格された方々の多くは、あわせてこうした資格をお持ちでしょう。今後、当協会が主催する各種研修・講習会では、さまざまな背景をもたれる方々が一堂に会して共に学び、議論する場が見られることが期待されます。これはまさにDiversity & Inclusionの情景にほかなりません。そこに、公認心理師が発展する基盤があり、それを促進する組織として当協会が活動できれば嬉しいことです。

 ここ数年、社会環境も自然環境も大きく変化しようとしています。こうした状況にあって、人々の心の安寧を維持・増進するためには、質的にも量的にも新しい知恵が必要とされるように思います。公認心理師は誕生したばかりです。当協会は、先人達の衣鉢を継ぎつつ新たな展開のために力を尽くす所存です。

2019年1月
一般社団法人 日本公認心理師協会
会長 大熊 保彦

TOP