一般社団法人 日本公認心理師協会

【ホームページ公開予告】
(2019.1.23更新)

ホームページはただいま公開準備中です.
2019年春オープン予定

一般社団法人日本公認心理師協会(公式)ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。 本協会は、これまで多くの関係者が積み重ねてきた心理支援の実績を結集して設立する公認心理師の職能団体です。 今後、公認心理師法が目的とする「国民の心の健康の保持増進に寄与する」ために、以下の活動などを行う予定です。

  1. 広く人々のこころの健康の保持増進に寄与する活動
  2. 心理支援の広報周知および心理支援の普及のための連携協働の推進
  3. 公認心理師の理念と責務および職能倫理を共有するための活動
  4. 公認心理師の職務に関する資質向上を目的とする分野横断的研修
  5. 公認心理師の各分野における専門分野研修
  6. 公認心理師の技量の向上を図るための更新制度や専門資格制度等の検討

公認心理師の資格を取得するためには、11月30日の合格発表の後に登録のための手続きを行い、登録証を受けとることが必要です。本協会は、有資格者の誕生を待って活動を開始します。ホームページの正式な公開は公認心理師の誕生が確認された後を予定しています。

現在、わかりやすく、役に立つホームページの制作をすすめています。入会申込みなどは、ホームページで受付を開始する予定ですので、今しばらくお待ち下さい。なお、本公開予告ページは今後、更新していきますので、ブックマークなどに登録して随時ご確認をお願いします。

本協会は、関連学会、心理支援職能団体等からの幅広い協力・協賛を得て事業を実施していきます。

【協力・協賛団体】
(2019年1月23日現在)

【研修会開催予告】
(2018.12.22更新)

「ストレスチェック実施者研修」

労働安全衛生法改正に伴い義務化されたストレスチェック制度を事業場で実施するにあたり、医師または保健師が「実施者」となる必要がありますが、本研修を受講することにより公認心理師及び歯科医師、看護師、精神保健福祉士の方も実施者になることができます。

本研修は、厚生労働省通達(平成27年5月1日 基発0501第4号)に定められた必要な事項を網羅した内容(標準カリキュラム)です。
※省令により、平成27年11月30日(施行日の前日)までに3年以上労働者の健康管理等の業務に従事した経験を有する看護師又は精神保健福祉士、または労働衛生コンサルタント免許を受けた方は、研修を受けなくても実施者となることができます。

  • 【開催日】2019年6月16日(日)
  • 【会場】ステーションカンファレンス万世橋(東京都)
  • 【定員】130名
  • 【対象】次のいずれかに該当する方
    1. 本協会会員
    2. 非会員(公認心理師、歯科医師、看護師、精神保健福祉士)。
  • 【受講費】本協会会員8,000円 非会員15,000円
  • 【申込方法】本協会ホームページ公開後に、ホームページからお申込み下さい。
    ※申し込み開始時期は2019年4月頃を予定しています。